男性看護師求人

転職における面接のポイント

転職の際に実施される面接と新卒時の面接には、共通する部分と異なる部分があります。転職をするということは、当然のことですが、今より前に他の会社に就職していた経験があることになります。転職のための面接では、前職を辞めた理由について聞かれないことはありません。いろいろと転職の理由はあるのではないでしょうか。辞めた理由が自己都合という人は、明確に理由を説明できるように他の理由で辞めた場合よりもしておいたほうが良いでしょう。説明の際、間違っても前の会社の悪口や愚痴を言ってはいけません。悪口や愚痴を前の会社について転職の面接においていうことは自分の評価を、面接において下げるだけで退職理由の説明とは言えないのです。転職の理由を、嘘をついたり包み隠したりする必要はいっさいありません。誤魔化すことは、結果的に自分を追い詰めることになります。誤魔化すのではなく表現を工夫したほうが、同じ内容であっても言い回しによって印象はかわるのでおすすめです。使わないようにしたほうが良いのは、転職理由がネガティブなものであってもできないためとか不満なため、と言う言葉です。使ったほうが良いのは、したい、されたいなどの前向きな表現です。面接に限らず前向きな姿勢は印象をよくする重要なポイントになりますので、いつも転職時には心がけるようにすると良いでしょう。

転職には履歴書が必要

転職を成功させるには、履歴書を書き上げることが重要です。転職をする上で、履歴書は必須の書類です。求人を行っている企業に応募する時に、必ず提出することになります。とかく転職時に提出を要求される書類であり、義務的な感が否めないかもしれませんが自分をアピールするための道具でもあります。転職活動のために作成する履歴書には、住所や生年月日、学歴や職歴といった個人情報だけでなく、趣味や志望動機、資格取得も書き込むことになります。延々と履歴書を書く作業を継続していると、つくらなくなって細かなところで手を抜きがちです。書いてあればいいだろうと思う人もいます。適当に記入した履歴書では、人事担当者に良い印象を与えません。実は転職に臨む姿勢が、履歴書の書き方で判断されているのです。採用担当者の中には、写真がわくの中に収まっているか、判子の押し方はきれいかなど、様々な点を見ていることもあります。会社の戦力になりえる人材を探すため、採用担当者は転職希望者一人一人を厳しい目が見ているといっていいでしょう。転職とは、人生の航路を大きく変える行為です。自身の人生を左右する大事な状況化で、履歴書すら満足に書けない人間だと思われてしまったら、一方的に評価を下げられてしまいかねません。納得のいく履歴書を作成して、大事な節目となる転職活動をやり遂げるようにしましょう。

 

小西浩文婚活NOTE剣道上達革命山本幸治平松弘道音痴克服DVDSAI イチスス倉木真二熊澤重典下田雅人